相談室の特徴feature

カウンセリング+動かないヨガで
心と身体のアプローチ

カウンセリングで自分の内面(思考や気持ち)と向き合った後で、
動かないヨガ(リストラティブヨガ)を行います。
ヨガ道具に身体を委ねることで、深いリラックス状態に導きます。
そして、カウンセリングを通して活発に働いた脳と神経を穏やかにしていきます。
カウンセリングの効果をさらにパワーアップさせます。
カウンセリングで心から、動かないヨガで身体から元気になるアプローチをしていきます。

組み合わせることが良い理由

心と身体はつながっています。精神神経免疫学と呼ばれる医療分野では、精神の健康が身体の健康を反映すると言われています。

私たちは日々様々なストレスに囲まれていますが、ストレスの対処法はリラックスすることです。普段私たちは1日6万個以上のことを考えるので、脳は常に働いています。

心と身体の両方からアプローチすることで、脳を静かな状態へ導き、深いリラックス状態を作り出すことができます。

組み合わせることが良い理由
カウンセリングの効果

自分の本当の考えや気持ちに気づく、問題や状況の整理をし、解決への具体的な方法を知る、自分の強みを知ることが可能になります。

動かないヨガの効果

身体に負担をかけずに、心地よい姿勢で呼吸を整え、脳および神経を休ませることが可能です。脳が休まると心を穏やかにする脳内物質が分泌され、身体と心の緊張がほぐれ、深いリラックス状態になります。

アプローチ方法

臨床心理士だからできること
臨床心理士だからできること

当相談室では臨床心理士/公認心理師の資格を持つ女性の専門家とともに心の問題の解決に向けて取り組みます。

臨床心理士/公認心理師は、問題解決の答えを教えるのではなく、相談者の方がご自分で答えを見つけることができるように、サポートしていきます。答えはご自分の中にあり、本来持っている自己解決能力を取り戻すお手伝いをさせて頂きます。

自分らしい生き方のお手伝い
自分らしい生き方のお手伝い

また、当相談室では、自分らしい生き方を獲得するお手伝いもさせて頂いております。「私はこうなりたい!」と目指す目標に向けて、一緒に進んでいきます。

カウンセリングを通して、価値観や行動などを見直し、新しい自分を作り上げていきます。そして、世間に惑わされるのではなく、自分のペースで自分らしく生きる力を取り戻します。

リストラティブヨガ

リストラティブヨガとは、「健康と活力を回復させて、身体と心のバランスがとれた状態へと導くヨガ」のことです。リラックス系のヨガのスタイルです。リストラティブヨガはほとんど動きません。通常のヨガは動くヨガと言われていますが、リストラティブヨガは動かないヨガと言われています。

動かないヨガのやり方
動かないヨガのアイテム

動かないヨガはプライベートな空間でゆったりとした時間の中で行います。ヨガ用のクッションや毛布、アイピローなどの道具を使い、それらの道具に身体を委ねます。

動かないヨガのポーズ

ひとつのポーズを5分から15分ぐらいキープし、身体の緊張を緩めていきます。 身体が緩むと、緊張状態から深いリラックス状態へと導かれます。そして身体と心のバランスがとれた本来の自分へと戻ります。