結樹ブログblog

  • 過ぎた日々の全てを抱きしめて、生き続ける

    宝塚歌劇は作品につき、主題歌があります。

    その主題歌の中から、心に突き刺さったものをご紹介させて下さい。

    「…二度と戻らぬ時よ

    友と戯れ、愛を求め、走り叫び涙した日々

    夢とあこがれ

    痛みと哀しみ

    背中合わせの歓びと不幸

    過ぎた日々の全て抱きしめ記憶の彼方によみがえる…」

    嫌なことは忘れたい。

    でも忘れられない。

    怒りや憎しみ、哀しみ、悔しさ…

    その一方で、歓び、幸福感、満足感、楽しさ…

    忘れたくない思い出や感情もある。

    人生いろいろなことがあるけれど、

    過去のこと、自分が経験したこと、生きてきたこと

    すべて、すべて抱きしめてまた生きる。

    抱きしめるとは受け入れること。

    起こったことを変えることはできませんが、受け入れることはできます。

    どのように受け入れるかは自分次第です。