結樹ブログblog

  • 心のメンテナンスとしてのカウンセリング

    肩こり、腰痛、目の疲れ、首こりなど体にどこか不調を感じると、

    マッサージや整体、ヘッドスパなど、体のメンテナンスをしに行きますよね??

    体のお掃除をする。

    イライラ、愚痴、不平、不満、怒り、我慢、集中力や記憶力の低下など

    自分の内面(感情、考えなど)に違和感を感じたら、どうしますか??

    不調や不具合があるということは、ストレスを溜め込んでいる可能性が高い。

    心もお掃除が必要になります。

    そこで心のメンテナンスとして、カウンセリングです。

    溜まりに溜まったイライラ、落ち込み、不平不満などを吐き出す時に、

    何に対して、どのような出来事に対して、そのような感情が出てきたのかを振り返ります。

    そして、自分の考えや行動も振り返ります。

    そこで『何かしらの気づき』が生まれます。

    この『何かしらの気づき』は人によって様々なので、このような曖昧な表現でしか言えません。

    でも、この『何かしらの気づき』は自分にとって、

    自分理解やさらに自己成長させてくれるヒントになる。

    心のお掃除ができるとともに、自己理解や自己成長できるカウンセリングは一石二鳥。

    話すことで、リラックス/リフレッシュ効果もあります。

    私は月1で心のメンテナンスとしてカウンセリングを受けています。

    気づいたことや感じたことは、カウンセリング後にメモっています。

    先月と比べての自分の変化がわかります。

    カウンセリングをもっと気軽に、身近に。

    体のメンテナンスだけではなく、心のメンテナンスも大事です。