結樹ブログblog

  • 動かないヨガと普通のヨガの違い

    「動かないヨガと普通のヨガ。どのような違いがありますか?」

    とよく質問されます。

    普通のヨガの場合、インストラクターや周りの人と自分を比べてしまい、

    頑張りすぎる、力を入れすぎる、無理し過ぎる可能性があります。

    当相談室での動かないヨガの場合、

    プライベートで行うので人と比べる必要がありません。

    身体を横たえながら、さらにヨガ道具を使いながらポーズをとるので、

    無理な力が入りません。

    頑張る必要もありません。

    身体の硬さや年齢なども一切関係なく、どなたでも行なえます。

    着替える必要もありません(丈の短いスカートは別)。

    体を締め付けない服装であるとよりリラックスできます。

    普通のヨガの場合、ポーズをとるために色々考えます。

    「左足を後ろに引いて、両手を広げて…」など。

    動かないヨガの場合、カウンセラーが心地よい体勢をヨガ道具で作るので、

    ポーズをとるために考えることは一切ありません。

    無理なく、行えるヨガ。

    体をほぐし、心もほぐし、脳を休ませるヨガ。

    頭を使うカウンセリングの後に動かないヨガを行うことで、

    心と体、脳を休ませて、リラックス状態になる。

    元気になる。