結樹ブログblog

  • カウンセリングへの怖さや不安が出てくるのは当たり前。

    変わる手段としてカウンセリングを提供しています。

    カウンセラーである私にとって、カウンセリングは身近にあるものなので

    ”カウンセリングはハードルが高いもの”という認識はありませんでした。

    しかし、自分が心から傷つき、

    苦しみ、悲しみ、どうしたら傷ついた体験から抜け出せるかを

    考えた時、カウンセリングが浮かびました。

    でも、躊躇しました。

    私は普段、カウンセリングを提供する側にいます。

    それが、カウンセリングを受ける側になると、

    カウンセリングを受けることに躊躇しました。

    なんで躊躇したか・・・?

    抱えている問題と向き合うことが怖かったから。

    自分と向き合うことが怖かったから。

    何が起こるかわからないから。

    自分がどうなるかわからないから。

    未知なるものは恐怖でしかないから。

    カウンセラーの私が、怖さを感じ、躊躇しました。

    他の方にとっては、脅威と感じるかもしれません。

    カウンセリングは変わる手段のひとつ。

    「変わる」と決意し、勇気を持って、行動する。

    「カウンセリングを受ける」と決意し、勇気を持って、連絡する。

    そして、自分と向き合う。

    カウンセリングへの怖さや不安を乗り越えるためには勇気が必要。

    「カウンセリングを受ける」と決意した時点で、

    変化は起き始めています。

    勇気を振り絞って決意した。

    未知なる経験に飛び込む覚悟をした。

    あなたの勇気と覚悟を受け止め、全力で変わるサポートを行います。

    大丈夫。

    変わっていきます。