結樹ブログblog

  • カウンセリングは心の健康を維持するために行う作業です

    前回の記事で自分の疲れた時の傾向を把握することが大事ということを話しました。

    疲れたら、自分メンテナンスをする。

    メンテナンスとは、「正常な状態を維持するために行う作業」を表します。

    日本語だと整備、手入れ、維持にあたります。

    正常な状態とは、心と体の健康が保たれている状態。

    マッサージを受ける、整体を受ける、ストレッチなどは体の健康を保つことにあたります。

    では、心の健康を保つためには何をするのでしょうか?

    好きなことをする

    ストレスを発散する

    好きなことをすると元気になりますよね。

    テンションは上がり、ワクワク楽しくなる。

    ストレスを発散するとスッキリし、解放感が得られる。

    カウンセリングは問題や悩みの解決、自己理解のひとつの方法ですが、

    心の健康を維持するために行う作業としても有効です。

    生きている限り、様々な経験をします。

    経験を通して、考えたこと、感じたこと、思ったことなど沢山あります。

    それらは頭と心の中にたまります。(体に蓄積されることもあります)

    たまったものを出さないと、どうなるのでしょうか?

    適切な決断が下せなくなる。考えがまとまらなくなる。

    気持ちの整理がつかず、不安定になる、などが起こる可能性があります。

    カウンセリングで頭と心の中をお掃除して、整理してあげる。

    そして、心の健康を維持しながら、仕事や人間関係など生活に向き合う。

    心のメンテナンスをする。

    心と体、両方メンテナンスできるのが当相談室おすすめのカウンセリング+動かないヨガ(リストラティブヨガ)になります。(宣伝です笑)

    すべては自分のため。

    自分の心と体を健康に保ちながら生き抜くため。

    どんな自分でも自分であるために。

    応援します。