結樹ブログblog

  • いつもと違う自分に気づき、何らかの対処をする

    関東に台風が直撃した日。

    突然、首に湿疹が出ました。

    その日は蒸し暑かったので、一時的な湿疹だと思っていました。

    翌日に鏡を見ると、湿疹が広がっていました。

    恐怖です。

    トイレに行くたび、鏡を見るたび、恐怖です。

    自分の肌が悪化していくのを見るのは辛い。

    「このまま治らなかったらどうしよう・・・」最悪な考えが浮かびます。

    「どうして、こんなことで苦しまなくてはならないの?普通の人はアトピーで悩むことはないのに、どうして私だけ?」

    他者を羨んだり、自分の肌/体質を責めたり、悪化への恐れや恐怖と戦ったりと精神状態は不安定でした。

    悪くなった原因を考えました。

    ① 寝不足(5時間)

    ② ミルクの過剰摂取(ロイヤルミルクティーやカフェラテをほぼ毎日飲んでいた)

    6時間睡眠を心がけ、ミルクを一切取らないで様子を見ました。

    それプラス、「以前悪くなっても良くなったから今回も大丈夫」と繰り返し言い聞かせました。

    そしたら2週間で良くなりました。

    状態が悪くなると急に悪くなったと思うけど、そうではありません。

    ちゃんと体や心はサインを出してくれます。

    私の場合、アトピーが悪化する前に右の小指に炎症が見られました。

    皮膚科でストレスが原因と言われました。

    ストレスとは、寝不足のこと。

    その時は寝不足を改善できませんでした。

    アトピーはストレスがたまると現れます。

    体はサインを出してくれていた。

    そのサインに気づいても、対処しなかった。

    対処しないので、アトピーという形で(私にとってダメージが非常に大きい形で)ストレスと向き合わせてくれたと分析します。

    何かしらの違和感、不調に気づくのはまずは自分です。

    「いつもと違う自分に気づき、何らかの対処をする」

    自分が気づく変化を見逃さないで。

    自戒を込めて。